管理組合長は「一括で」と主張。防水工事の見積もりを一括で

さて、第一次の提案日です。
管理組合へ修繕委員の意見として
「一括ではなく、最低限必要なものから」と伝えることとなりました。

理由として
1.一括発注では、本当に必要な物かどうかまでわからない工事費用が発生しないか
(さすがにキックバック疑惑の他の物件の話にまでは踏み込めませんでしたが)
2.一気にやってしまうと、委員の負担が大きくなる
(専門的な目を持っている人間がいないだけに大変)
3.住民の生活の面でも、少しずつ我慢ができる期間で実行できるよう小出しに
(これについては、一気にまとめてやって、全員で同じ期間だけ我慢する方がよいという意見も)
4.次の委員になる人にも、きちんと議事録などを残し引き継げるよう、大規模改修を避ける
(まとめてやることで、次何かの補修時にノウハウが残っていないのはマイナス)
を挙げました。

管理組合長がおもむろに口を開きました。
「一括が一番楽でいいんじゃないのか。
一括にすれば、楽な上に経費も浮くんじゃないのか」―。
一見、合理的に聞こえますが、そこはそれ、
キックバック疑惑の案件を見聞きしてきたメンバーです。
そう簡単には引き下がりません。

Aさんも続けます。
「管理会社に一括で預けるのが楽なのはみんな承知です。
だが、このマンションに住む人間たちもどんどん年を取って行っている。
今後修繕積立金が上がるのは避けたいというのが本心じゃないのかと思うんですよ。
そこのところ、汲んで頂けないでしょうか。
みんな、一生に一度の買い物としてこのマンションを選んだ。
また、終の棲家としてきちんと維持したいとも考えている。
そのためにも、多少手間は取ってもしっかりした工事を安くあげてくれる会社を探したい。
これは修繕委員だけでなく、住民の総意だと思うんですが…」

組合員も、頷く人が多くいました。
さすが、人望あるAさん。
うまくまとめていっていました。

一括で防水工事の見積もりを依頼できるサイト

「一括」が楽なのは全て同じですがリスクは避けたい。
という時、分割発注に限っていうと、「一括」でできるものがあります。

それが一括見積もりサイトです。

前回オススメした防水工事に関していうと
以下のような声があります。

管理組合さんの声

・相見積もりはやったほうがいいと思います。最初は相場は見当もつかないですけど、有る程度は比較することで相場感が分かってきます。 自分で見つけるのも良いかと思いますが、福島さんのサイトで一度に專門業者を複数紹介していただけるので、楽ですよ。

・最初は電話帳などで調べてみたのですが、どこに問い合わせしていいか分からなかったです。

・3社紹介されましたが、全てマナーも良かったですし、視察された皆さん 専門知識を持っていてちゃんとされてました。さすが審査に通った業者だと思いましたね。


参考文献:防水工事見積もり.com

一括で専門業者に見積もり出来るのはやはり楽。
業者探しでお困りの方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

屋上防水(ウレタン防水)の分割工事が修繕委員会全員一致の意見に

見学(聞学?)会から後、
委員の間での協力関係のようなものが醸成されていきました。
目の前に迫った大規模な改修が、後の自分たちの生活に大きな影響を与えるものであることが
ひしひしと感じられてきたのだと思います。

例の、”第三者的アドバイスをくれる人、もしくは会社”については目星はつけたものの、
まだどん!と出す段階ではないと、私は見ていました。
(Aさんのやり方を見て学びました…)

会合の度に、委員の皆さんの姿勢も変化をしてゆき、
”管理会社に一括だけは避けたい”という方向に変わりました。
例の、キックバック疑惑が皆さんの心に引っかかっていたのだと思います。

そこは、Aさんのこと。
この、「無駄な金を出さないためにも自分たちで頑張る」という意識ができてきたところで
「なぁ、例のコンサルタントみたいのは見つかったのかな」
と私に話題を振ってきました。
「はい、大体は…」と答えました。
かといって、私は技術畑育ちではないので、見つけた人の実力のほどはわかりません。
私の中でも、まだまだ選定中、といった段階でした。

「まずは、皆さんの意見をまとめてください。
本当に必要な部分の補修からとりかかるのか、
それとも、いずれ必要になるとわかっている部分も併せて一括で頼むのか…。
それでないと、私もその人に話の振りようがありません」

「それもそうだ」と他の委員さんが言いました。
そののち、他の委員さんが続けます。
「一括だと、それこそ技術的にわからない私たちで何かを考えることは負荷が大きすぎる。
生活に直結する部分から小さくやってゆくのもいいのではないか。
順番で次に引き継ぐ人たちも、小規模の改修だったらやりやすくないだろうか」

満場一致です。
まずは、本当に必要な部分から小出しに、
それが最終的にトータルで少々ならば高くなってもかまわない、
工事などの面でも、
一気に生活にしわ寄せが来るよりはいいのではないか、との意見でまとまりました。
分割発注で、じゃあどこをやるのか?という話しになると思います。 「屋上防水(ウレタン防水)の分割工事が修繕委員会全員一致の意見に」の続きを読む…

他のマンション事例見学に参加

私は私で敏腕のマンション管理士なり、大規模改修に慣れた会社なりを探すこととなりました。
一方で、Aさんに誘われた「他のマンション事例見学」にも参加することにもなりました。

他のマンション事例2件を見学(聞学?)に行くぞとAさんに声を掛けられた当日、
他の委員さん3人も待ち合わせ場所にいました。
Aさんは、私と他の委員さんとの橋渡しを進めようとしてくださっていました。
「よかったら車出してもらえないかな」とAさん。
「もちろん」と運転手をさせて頂きました。

1軒目。
驚いたことに、そこは管理会社に任せたままで、管理組合のみで大規模改修を進めていました。
そのため、最終的に修繕費として積み立てていた金額がそっくりそのまま出てゆき、
修繕積立金の金額を上げざるを得なかったとのこと。
私たちのマンションと同じく、詳しい人がいなかったからだということでした。
”お任せであったために楽ではあったが、金銭面では負担が大きい”案件でした。
ですが、Aさんの元同僚がおっしゃったことには
「恐らくだが…組合長がほぼ独断で決めてしまったため、
一部ではキックバックを受けていたのではないかという噂がある」ということでした。

2軒目。
ここは、私たちと同じく修繕にかかる委員会を組織し、
会合の度に修繕の仕事を取ろうとしている会社の営業マンを呼び
時には数社同席させることで、値段を叩かせ合ったという案件。
一番安いところに決めたが、その工事自体がずさんなものであったために、再度(軽微ではあったものの)工事をせざるを得なかったということでした。
委員同士の関係も次第にぎすぎすしたものになっていったようで、後の生活に影響した世帯も出たそうです。

帰り道の車中、
誰ともなしに言い出したことは
「両極端を見た」「私たちのマンションでは、この中間あたりで頑張りたい」―。
25年目の大規模改修に臨むという覚悟のようなものができつつあるような空気でした。

Aさんから、他物件の見学に行ってはどうかとの呼びかけが

あの発言は、時期尚早だったのか…。
そう思い、Aさんのお宅を後にしようとしたところ―

Aさんは、玄関で靴を履こうとした私にこう言いました。
「実はな、他のマンションに住んでいる二人の元同僚に話をしてるんだ。
改修に、どんな手順を踏んで、どんな問題があったのかを聞きに行こうと思ってる。
時間が合えば、一緒に行かないか」

Aさんは、陰で一生懸命に動いていらしたのでした。
生意気を言うことでAさんに大変失礼なことをしたと思い、私は深くお辞儀をしてドアを出ました。

思慮の浅かった私を、それでも受け入れてくださったAさんの懐の深さに感銘しつつ自宅へ戻りました。
妻にこの出来事を話すと、そんな立派な人がいたのかと感慨深げにしていました。
今後、週末はこの件で時間がつぶれるかもしれないことを告げると
「もちろんそれは大丈夫」と妻からも理解を得られました。

他の修繕委員Aさんとお近づきになれた

まとめ上手の大御所的存在のAさんから、会合の後に呼び止められました。

「いい意見だったと思うよ。
でもね、言いにくいが、やっぱりあなたはまだまだこのメンバーに溶け込んでない。
いきなり正論をぶつけてもね…」

その後、Aさんのお宅にお邪魔することになりました。
お酒も少しだけ頂きました。

「あなた、お役人っぽくないな。
どこかの企業の営業マンっぽいよ。
お役人ってのは、根回し上手でないとならんだろう。
そういう私も、役所出身だよ。
市役所を定年退職したばかりだ」
「そうだったんですか。まとめ方が見事だと思っていました。
ですが、あの話の進まなさというのか、”他人事”な感じがどうも…。
本当にこれで、25年の大規模改修を迎えられるのかと思うと、つい」

Aさんは腕組みをしながら続けました。
「わからんではないな。
前回は、本当に補修程度だったが、今回は思い切った手入れが必要な節目だ。
また、住民も年々高齢化してきている。
言ってみれば、出来上がったコミュニティの中に”切れる若いの”が
これからのマンションやコミュニティの在り方について正論をぶちまけても
そりゃあ、すんなりとは受け入れられんだろうな。
まぁ、そこのところは私がフォローするから、
例の、第三者的な人間がいるのか、いるとしたなら頼んでいくらになるのか調べて来てくれ。
これからの住民の心配事は、やっぱり金の問題だ。
高齢化する中で、積立金が上がってしまうのは問題だからな。
無駄を省くことが大事だということは誰もが感じていることだからさ」

言った以上は自分で始末を付けなくてはなりませんでした。
「できるだけ早いうちに、目星をつけてきます」
とだけ返答をしました。