管理組合長は「一括で」と主張。防水工事の見積もりを一括で

さて、第一次の提案日です。
管理組合へ修繕委員の意見として
「一括ではなく、最低限必要なものから」と伝えることとなりました。

理由として
1.一括発注では、本当に必要な物かどうかまでわからない工事費用が発生しないか
(さすがにキックバック疑惑の他の物件の話にまでは踏み込めませんでしたが)
2.一気にやってしまうと、委員の負担が大きくなる
(専門的な目を持っている人間がいないだけに大変)
3.住民の生活の面でも、少しずつ我慢ができる期間で実行できるよう小出しに
(これについては、一気にまとめてやって、全員で同じ期間だけ我慢する方がよいという意見も)
4.次の委員になる人にも、きちんと議事録などを残し引き継げるよう、大規模改修を避ける
(まとめてやることで、次何かの補修時にノウハウが残っていないのはマイナス)
を挙げました。

管理組合長がおもむろに口を開きました。
「一括が一番楽でいいんじゃないのか。
一括にすれば、楽な上に経費も浮くんじゃないのか」―。
一見、合理的に聞こえますが、そこはそれ、
キックバック疑惑の案件を見聞きしてきたメンバーです。
そう簡単には引き下がりません。

Aさんも続けます。
「管理会社に一括で預けるのが楽なのはみんな承知です。
だが、このマンションに住む人間たちもどんどん年を取って行っている。
今後修繕積立金が上がるのは避けたいというのが本心じゃないのかと思うんですよ。
そこのところ、汲んで頂けないでしょうか。
みんな、一生に一度の買い物としてこのマンションを選んだ。
また、終の棲家としてきちんと維持したいとも考えている。
そのためにも、多少手間は取ってもしっかりした工事を安くあげてくれる会社を探したい。
これは修繕委員だけでなく、住民の総意だと思うんですが…」

組合員も、頷く人が多くいました。
さすが、人望あるAさん。
うまくまとめていっていました。

一括で防水工事の見積もりを依頼できるサイト

「一括」が楽なのは全て同じですがリスクは避けたい。
という時、分割発注に限っていうと、「一括」でできるものがあります。

それが一括見積もりサイトです。

前回オススメした防水工事に関していうと
以下のような声があります。

管理組合さんの声

・相見積もりはやったほうがいいと思います。最初は相場は見当もつかないですけど、有る程度は比較することで相場感が分かってきます。 自分で見つけるのも良いかと思いますが、防水工事見積もり.comで一度に專門業者を複数紹介していただけるので、楽ですよ。

・最初は電話帳などで調べてみたのですが、どこに問い合わせしていいか分からなかったです。

・3社紹介されましたが、全てマナーも良かったですし、視察された皆さん 専門知識を持っていてちゃんとされてました。さすが審査に通った業者だと思いましたね。

参考文献:防水工事見積もり.com

一括で専門業者に見積もり出来るのはやはり楽。
業者探しでお困りの方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

大規模修繕や防水工事の一括見積りサイト

今では、ネットで大規模修繕や防水工事の一括見積というサイトもあるようですので、
この記事をご覧になった管理組合さんやオーナーさんは
そのようなサービスを利用し、
信頼できる業者さんを探すのも良いことだと思います。

いずれにせよ、
主役はそこに住む住民の皆さんです。
今後の人間関係のためにも、マンションの資産を下げないためにも、
一致団結、総意を持って業者選定にあたることが必要だと痛感した次第です。

何分、2年半ほど前の話でしたし、
入居したてのあたふたした中での修繕委員拝命で、
右も左もわからない状態で進めた大規模改修だったため
記憶違いや、書ききれなかった部分も多くあることかと思います。
ですが、
マンションに限らず、自宅のリフォームなどを検討されている方にも参考になればと思います。

長い間のおつきあい、ありがとうございました。

最終的に、屋上防水(ウレタン防水)をしてくれた会社に落ち着く

管理組合の会合で、
これら4社の見積金額と工事の進め方などをまとめたものを提出し、
「前回大規模改修を行った際に入った業者さんに頼むことにしたい」と
修繕委員会から管理組合への提案がありました。

Aさんのやり方に習い、
事前にこれら資料は全戸配布されていましたので
住民全員は既にこれらについては知っていましたから、
最初からある程度”心に決めた業者”はそれぞれ決めて管理組合会合に来ていました。

ほぼ満場一致で
”前回の大規模改修の業者”と決まりました。

理由として
1.前回の工事の際の、住民への配慮が細かかったこと
2.現場で住民が質問を投げても、嫌な顔をせずに対応できていたこと
3.今回の見積もり金額もほどほどであり、前回の工事の後の不都合がなかったこと
が上がりました。

やはり、実績のある会社は強いものです。
また、前回の大規模改修の際は、工期が3ヶ月弱という長期だったことから、
その間に住民に対して行われた配慮が評価されたということもあるでしょう。

工事はもちろん、無事に行われ、無事に終了しました。

ベランダ防水の1戸当たりの金額差

新しい修繕委員さんたちは、
今回のベランダ防水についても計4社からの見積もりを取ることにしたようです。

今回はあくまでも、私たち前回の「大規模改修に伴う修繕委員」はオブザーバーですので
金額の詳細についてはつかんでいませんし、
あくまでも戸別配布の資料の範囲内でしかわかりません。

ですが、
前回の大規模改修の時に見積もりを取った2社を含めた、計4社にとどめたようです。
「もっと多くの会社から相見積もりを取って、たたき合いをさせればいいのに」
という意見もあったようですが、
「過当な価格競争で粗悪な工事をされても困る」という意見が大多数を占めたため、
今回の4社で見積もりを取ることにしたようです。

確かに、数が多くなればなるほど
見積もり内容の比較も大変になるでしょうし、
過当競争での手抜き工事も後々問題になるでしょうから、
これは正しい判断ではなかっただろうかと思います。

1戸当たりの金額で
最高金額と最低金額の差が2万円弱でした。
妥当なラインではないかと思います。

いずれも、地元で頑張って実績を伸ばしている会社ばかりです。
今回の修繕委員会の会合のタイミングに合わせ、説明に来てくれました。
*各会社、別々のタイミングでの説明です。

それぞれ使用する素材と施工に関しての注意点、工期など
全社が充分に説明をしてくれました。

”親心”を持ちつつもその場に立ち会うオブザーバーとしても、
特に口を挟まなくてはならないような場面もなく、
全てに納得のゆく進め方でした。

本当に良かったと心から思います。

やはり、地元で頑張っている会社というのは違います。
こういう言い方が正しいのかどうかはわかりませんが、
”地元での評判が生き死にを左右する”訳ですから、
地元の専門業者さんに見積もりの依頼をするのは大事なことだと思います。

特に評判の良い会社さんには…。
修繕委員の会合での説明にも、ひとつひとつ説得力がありました。

次に緊急性の高い工事はバルコニー防水―2年後

私達は、あくまでオブザーバー。
作り上げた資料の精度を確認するためにも、できるだけ口出しはしないようにしました。
(資料を元に、色々とご自分たちで考えてくださったようで何よりでした)

今回の修繕委員が出した答えは、やはり「相見積」でした。
ここでは、一切「管理会社に…」という意見は出ませんでした。
自らの事は自らで考えるという空気ができたのかもしれません。

もちろん、前回の大規模改修の時に入った2社も含め、
最低でも3社からの見積もりを取りたいと
修繕委員から管理組合への提案がなされました。

管理組合の会合でも、特にもめることはありませんでした。
みなさん、前回の大規模改修の事は覚えていらっしゃったようでしたし、
なにより、自分たちの財産であるマンション自体への関心も高くなっているようでした。

まだまだ”新参者”である私が言うのもおかしな話ですが、
これで良かったのではないかと思います。
ハード(マンション)を考えるためには、ソフト(住民)が
”我が事”として考えることはとても大事なことだと思いますし、
更に、今後のマンションのあり方、
つまり、住民同士の繋がりを考えるうえで、とても大切だと思いました。

大規模修繕の修繕委員、御役目完了

私たち修繕委員も、
「屋上防水(ウレタン防水)、鉄部塗装(廊下・階段・扉など)廊下シート張替え」の工事を無事に見届けた後、
任期を終え、大役を終えたことで肩の荷を下ろしました。

Aさんと私は、
25年目の大規模修繕にまつわる様々な事柄を記録にまとめることにしました。
後の改修の際のノウハウとして残すためです。

この作業の方が、
もしかしたら業者選定や管理組合の説得よりも労力が必要だったかもしれません。
それでも、やはりこれから後に続く修繕委員のために大事なことです。
他の修繕委員の力を借りながら、
色々と修正を加えながらも、なんとか”経緯”、”手順書”のようなものを作り上げました。
そして…。
大規模修繕から2年、
今回は、各戸のベランダの防水工事です。
私たち、大規模改修に携わったメンバーは、
オブザーバーとして会合に出席することになりました。