管理組合長は「一括で」と主張。防水工事の見積もりを一括で

さて、第一次の提案日です。
管理組合へ修繕委員の意見として
「一括ではなく、最低限必要なものから」と伝えることとなりました。

理由として
1.一括発注では、本当に必要な物かどうかまでわからない工事費用が発生しないか
(さすがにキックバック疑惑の他の物件の話にまでは踏み込めませんでしたが)
2.一気にやってしまうと、委員の負担が大きくなる
(専門的な目を持っている人間がいないだけに大変)
3.住民の生活の面でも、少しずつ我慢ができる期間で実行できるよう小出しに
(これについては、一気にまとめてやって、全員で同じ期間だけ我慢する方がよいという意見も)
4.次の委員になる人にも、きちんと議事録などを残し引き継げるよう、大規模改修を避ける
(まとめてやることで、次何かの補修時にノウハウが残っていないのはマイナス)
を挙げました。

管理組合長がおもむろに口を開きました。
「一括が一番楽でいいんじゃないのか。
一括にすれば、楽な上に経費も浮くんじゃないのか」―。
一見、合理的に聞こえますが、そこはそれ、
キックバック疑惑の案件を見聞きしてきたメンバーです。
そう簡単には引き下がりません。

Aさんも続けます。
「管理会社に一括で預けるのが楽なのはみんな承知です。
だが、このマンションに住む人間たちもどんどん年を取って行っている。
今後修繕積立金が上がるのは避けたいというのが本心じゃないのかと思うんですよ。
そこのところ、汲んで頂けないでしょうか。
みんな、一生に一度の買い物としてこのマンションを選んだ。
また、終の棲家としてきちんと維持したいとも考えている。
そのためにも、多少手間は取ってもしっかりした工事を安くあげてくれる会社を探したい。
これは修繕委員だけでなく、住民の総意だと思うんですが…」

組合員も、頷く人が多くいました。
さすが、人望あるAさん。
うまくまとめていっていました。

一括で防水工事の見積もりを依頼できるサイト

「一括」が楽なのは全て同じですがリスクは避けたい。
という時、分割発注に限っていうと、「一括」でできるものがあります。

それが一括見積もりサイトです。

前回オススメした防水工事に関していうと
以下のような声があります。

管理組合さんの声

・相見積もりはやったほうがいいと思います。最初は相場は見当もつかないですけど、有る程度は比較することで相場感が分かってきます。 自分で見つけるのも良いかと思いますが、防水工事見積もり.comで一度に專門業者を複数紹介していただけるので、楽ですよ。

・最初は電話帳などで調べてみたのですが、どこに問い合わせしていいか分からなかったです。

・3社紹介されましたが、全てマナーも良かったですし、視察された皆さん 専門知識を持っていてちゃんとされてました。さすが審査に通った業者だと思いましたね。

参考文献:防水工事見積もり.com

一括で専門業者に見積もり出来るのはやはり楽。
業者探しでお困りの方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

奇妙なキーワード

会議の終了後、組合員(住民)はそれぞれに雑談をしながら部屋から出て行きます。
そのなかで何とも奇妙なキーワードが聞き取れました。
「前の補修の時の組合長」「ポッケに」「おいしかったでしょう」

「???」
あっけにとられた私の顔を見分けたのでしょう、
Aさんが声をかけてきました。
「わざと聞き取れるように大声で話してるんだ。組合長にくぎを刺す意味なんだろうよ」

やっと内容が見えてきました。
既に前の補修の際に、当時の組合長にキックバック疑惑のうわさが立っていたということです。
それもきちんと知っているうえで、Aさんはあの資料を全戸配布していたのです。
資料の中には
「今回の補修は前回よりも大規模です。当然動く金額も大きいです。
しっかりと皆さんの意見で進む先を決めましょう」
と呼びかけてあったのは、このためだったのでしょう。

コミュニティに古くから存在するキーパーソンの必要性と
そのキーパーソンの思慮で結果が変わってきてしまう可能性―。
恐ろしいものが垣間見えた瞬間でした。

「相見積だけなら」と組合長納得

ほぼ組合員(住民)総意で「相見積だけでも」と詰め寄られた組合側。
組合長とその側近と思しき数名が多少の難色を示すも、
「相見積だけなら」と渋々承諾をしました。

「でも、あなた方委員の皆さんのご負担が…」と気遣ってくださいましたが
委員ももう、本気で取り組もうとしています。
一気に大規模改修一括発注でなくとも、
できることからと考えている状況。
もう、組合長側も止めることはできなかった―という感じでした。

ネットで色々と調べていましたが、
「マンションの改修は、コミュニティありき」との記述もちらほら見ていましたが、
今回、それが目の前で展開され、それを実感した次第でした…。

恐らく、表に出てこない、もしくは見えづらい利害関係もあることでしょう。
築25年ともなると、私という新参者にはわからない派閥のようなものもあるでしょうし…。
そこのところを、客観的な情報を与えることで、Aさんは揺さぶったのでした。
派閥で決めることではない、個々人で考えなさい―と。

マンションの修繕費を値上げさせないために、せめて相見積もりを

会員も、意見を述べるような感じになってきました。
場が温まったとでもいうのでしょうか。
「今の修繕委員さんたちに迷惑をかけたくないので、早めにまとめてやって欲しい」
「確かに大規模改修の時期ではあるが、不要なものが紛れ込むのは困る」
「工期がだらだらと伸びるのもいやなので、補修が本当に必要なところを特定してまとめてやれないか」
「今後、修繕積立金の額が上がる可能性はないのか」

これらの意見をAさんが総括。
「組合長、せめて相見積もりだけでも取ることはできないでしょうか。
前回は管理会社に丸投げでした。
その時には、だれもノータッチだったこともあって、その時のノウハウが住民に残っていません。
これからのことも考えて、手順を踏ませてはもらえないでしょうか。
住民のこれからの生活がかかっています。
せめて3社、管理会社を含めてでいいです、3社からの相見積もりを取らせてください」

会員のほぼ全員が拍手をしたのは言うまでもありません。

修繕委員会全員で管理組合長の説得にかかる

Aさんの
「全員の今後の経済に関わることだから」という畳み掛けに、
大半の組合員は頷いていました。
当然のことです。

Aさんは、
前回の他のマンションでの聞き取り情報をまとめ、
各戸配布していたのです。
「こんな事例もあったようです」と―。
もちろん、どのマンションか、ということは伏せていましたが、
「キックバック疑惑」「修繕委員の努力で安くできたが工事がずさんだった」の両方の事例を出されると、
組合員(=住民)も無関心ではいられません。
やっと、自らの事として考えるようになっていたようです。
さすがに、根回し上手なAさん。
それも、特にどちらかを強調するでもなく、バランスよく記事を書き上げていました。
「選択は住民の皆さんがすべきことです」というタッチで…。
そういわれると、やはり住民たるもの、各々で考えて会合に臨んでいます。
それぞれの思いを抱いて、参加してきていたことでしょう。
Aさんの人望の厚さは、こんなところから来ているのでしょう。
(自分の未熟さを痛く知ることとなりました)