ベランダ防水の1戸当たりの金額差


新しい修繕委員さんたちは、
今回のベランダ防水についても計4社からの見積もりを取ることにしたようです。

今回はあくまでも、私たち前回の「大規模改修に伴う修繕委員」はオブザーバーですので
金額の詳細についてはつかんでいませんし、
あくまでも戸別配布の資料の範囲内でしかわかりません。

ですが、
前回の大規模改修の時に見積もりを取った2社を含めた、計4社にとどめたようです。
「もっと多くの会社から相見積もりを取って、たたき合いをさせればいいのに」
という意見もあったようですが、
「過当な価格競争で粗悪な工事をされても困る」という意見が大多数を占めたため、
今回の4社で見積もりを取ることにしたようです。

確かに、数が多くなればなるほど
見積もり内容の比較も大変になるでしょうし、
過当競争での手抜き工事も後々問題になるでしょうから、
これは正しい判断ではなかっただろうかと思います。

1戸当たりの金額で
最高金額と最低金額の差が2万円弱でした。
妥当なラインではないかと思います。

いずれも、地元で頑張って実績を伸ばしている会社ばかりです。
今回の修繕委員会の会合のタイミングに合わせ、説明に来てくれました。
*各会社、別々のタイミングでの説明です。

それぞれ使用する素材と施工に関しての注意点、工期など
全社が充分に説明をしてくれました。

”親心”を持ちつつもその場に立ち会うオブザーバーとしても、
特に口を挟まなくてはならないような場面もなく、
全てに納得のゆく進め方でした。

本当に良かったと心から思います。

やはり、地元で頑張っている会社というのは違います。
こういう言い方が正しいのかどうかはわかりませんが、
”地元での評判が生き死にを左右する”訳ですから、
地元の専門業者さんに見積もりの依頼をするのは大事なことだと思います。

特に評判の良い会社さんには…。
修繕委員の会合での説明にも、ひとつひとつ説得力がありました。