マンションの躯体の大規模修繕工事


マンションの大規模修繕といえば、目に見える専有部分ばかりに目が行ってしまうと思います。
目に見える部分も大事なのですが、大規模修繕として重要な部分があります。
それは、躯体です。
経年劣化により、躯体にも大きな負担がかかってしまう事があります。
躯体の劣化は建物内部大きな影響を与えてしまうので、必須項目です。

マンションの外壁は、コンクリート躯体の素地仕上げ(打ちっぱなし)
であったり塗装やタイルを張る事が定番の様です。
どんな素晴らしい仕上げを行っていても、下地の躯体に問題があれば
そこから雨漏りを起こしてしまうと老朽化が一気に進んでしまいます。
寿命が短い、残念な建物にはしたくないですよね。

恐ろしいのが、外壁にヒビなどの不具合があればそこから水が滲み込み、
躯体の中の鉄筋を錆びに導いてしまう事があるという事です。
また、屋上防水が切れて漏水してしまうパターンでも、同様の不具合が起きてしまいます。
鉄筋に影響が与えられると躯体が致命的な強度の状態になり、且つ雨漏りも止まらなくなってしまいます。
これでは、建物としての機能を発揮させる事が出来ません。

大規模修繕を考えているのであれば、躯体の点検と修繕も一緒にすると良いようです。
足場や高所作業車により、外壁の点検を行ってもらいましょう。

勿論私たちのマンションのように分割して工事することもあるでしょう。
それでも、チェックはしておくことに越したことはありません。