外壁塗装の大規模修繕の方法


外壁塗装の大規模修繕の方法も様々です。
自分のマンションの状態にあった方法を選ばなくてはいけません。
安いからと言って必要な工事が出来ていなくては意味がありません。

・部分的な塗膜の補修
軽微な劣化程度であれば、部分的補修で難を逃れる事が出来ます。
不具合部分を研磨紙刷りで綺麗にし、同じ塗料を使い補修します。
部分的な補修ですので、補修した部分が目立ってしまいます。
しかし、1番安価に補修出来る方法です。

・クラックが生じている場合
塗膜だけではなく躯体自体にクラックが生じている場合は、
エポキシ樹脂を注入して塗料にて補修を行います。
エポキシ樹脂注入の前に、綺麗にカッターを入れて
クラック部分を綺麗にし、清掃してから注入を行います。
専用の業者に依頼しなければいけないので、多少高価な補修方法となってしみます。
エポキシ樹脂注入はクラック補修には1番良い方法ですので、必ず行うようにしましょう。
コーキングでの補修では痩せの寿命が早く来てしまいますので、
数年で再度補修を行わなければいけなくなってしまいます。
手間を省いて確実なクラック補修とする為には、エポキシ樹脂がオススメです。

・外壁塗装の不具合が多い場合は
外壁塗装の劣化が酷い場合は、外壁全体の塗り直しを検討しましょう。
建物に発生しているクラックの数が多い場合は、
建物全体を弾性塗料で覆う事をオススメします。
また、防水効果のある塗料を全面に塗布すると、
外壁面の防水効果を高める事にもつながります。
マンションの外壁の面積はとても広いので、
全面外壁塗装工事を行うのであれば建物の寿命を
高める事が出来る塗料を選択して使用しましょう。

・外壁塗装メンテナンスの手間を省く為には
外壁塗装のメンテナンスの手間を省く為には、機能的塗料を採用する事をオススメします。
フッ素系塗料や光触媒塗料は、塗料の力で汚れにくい外壁とする事が出来ます。
外壁は意外と汚れやすいので、フッ素塗料や光触媒塗料の親水性効果が大きく役に立ちます。
外壁に付着した汚れを雨で洗い流してくれるので、いつまでも綺麗な外壁を維持できるのです。
マンションは見た目が大事ですので、とても適した塗料と言えます。

塗膜は外壁の素材を守る物であり、建物を守っている物です。
外壁塗装1つで、建物を大きく左右させます。
建物を長持ちさせる為に、大規模修繕の際の外壁塗装工事を検討しましょう。
たかが塗装と思っていると、建物の劣化を簡単に作ってしまいます。