大規模修繕で検討してほしい水まわりの修繕と改善


大規模修繕で是非行って欲しい項目の中に、水まわりの修繕と改善があります。
水まわりは、経年劣化で弊害が出やすい部位ですので、
ある一定の時期になったら必ず必要となる工事です。
また、便利な水回りの什器備品に取り替える事で、
より一層使いやすくなり節約に導く事も可能となります。
大規模修繕における水まわりの修繕や什器備品の取り換えについて、まとめてみました。

・給水管の経年劣化
築30年ほど前の建物の場合、給水管が鉄管の場合があります。
鉄管は鉄で出来ている給水管であり、経験により錆が発生してしまいます。
よく耳にする「赤さび」とは、鉄管を給水管に使っている事により起きてしまう現象です。
赤さびを防ぐ為、鉄管を銅管に取り替えなければいけません。
築30年以内の建物であれば、給水管に銅管を使っている事が殆どですので問題は無いと言えるでしょう。

・排水管の流れの確認
排水管は殆どが塩ビ管ですので物としては問題ありませんが、
気になるのが流れのスムーズさです。
経年の汚れやゴミなどが蓄積され、排水管の中に居座っている事があります。
それらによって排水管が詰まり気味になり、流れていきにくい事があります。
排水が流れにくくなると、沢山の水を浸かって流そうとするので、
結果的に水道の量を多く使ってしまう事となります。
2回目の大規模修繕には排水管の流れを検査して、
場合によっては清掃を行う事をオススメします。
排水管は意外と盲点ですが、流れにくくなることで
様々な弊害が起きますので注意が必要です。

・蛇口の取り換え
昔の流し台などの蛇口は、レバーハンドルの調整が難しく
水道代がかさんでしまう物も多くあります。
現代の蛇口は節水型の物が大半なので、大量に流しても
使用する水道の量を少なくさせる事が出来ます。

・給湯機の取り換え
給湯機は定期的な点検を行う事で長く使う事が出来ますが、
定期点検をおろそかにしていると不具合を起こして故障につなげてしまいます。
正常の燃焼を行わない事で、光熱費の過剰な消費に繋げてしまいます。
給湯機に不具合が生じている場合は危険ですので、取り換えを行わなければいけません。
昔のような大きな床置きタイプではなく、
壁掛けのコンパクトな物を選択すると空間を有効的に使う事が出来るようになります。

・便器の取り換え
便器の中の部品に寿命が出ると、水漏れ等により水道代がかさんでしまいます。
パッキン等の部分的な補修で済むのであれば問題ありませんが、
放っておくと他の部位にまで不具合が発展してしまい大きな修理費となってしまいます。
大きな修理費になるほど酷い場合は、便器自体を取り換える方が得となります。
現在の便器は、節水型等光熱費の節約に結びつく便利な便器が沢山あります。
お金を掛けて取り替えた事で、光熱費節約によって却って安上がりになる事もあります。

・洗面化粧台の取り換え
使い続けている古い洗面化粧台は、ボウルの止水の為のゴム栓に寿命が来てしまうと漏水してしまい、
多くの水を溜めて使わないといけない不便さが生じてしまいます。
また、蛇口のレバーハンドルの調整が難しく、大量の水の量を発してしまうデメリットもあります。
現代の洗面化粧台はゴム栓で止水するタイプではないので、きちんと止水させる事が出来ます。
また、蛇口のレバーハンドルが使いやすく、節水して使う事も可能です。

このように、水まわりの劣化や快適な什器備品に取り替える事での快適さなど、
沢山検討しなければいけない項目があります。
より住み易い建物にする為には、これらの検討を行って大規模修繕に加えるとより快適になります。
長年住んでいくにつれ、年齢や生活の変化によって
什器備品を変えていく事で更なる快適な生活を作る事が出来ます。