大規模修繕で発生してしまうトラブルの回避方法

大規模修繕で発生してしまうトラブルを、
①で、工事中の臭い・騒音・プライバシーの面、
②で、足場や、バルコニー部分などの工事中についてとまとめました。

実際のトラブルの回避はどうしたらよいのか、
このようなトラブルによりマンション住民に
不満を与えない為のポイントをまとめました。

・事前に入居者への細かい説明の実施
事前に、細かい説明がマンション住民へ必要となります。
トラブルや苦情が発生してもめてしまう場合の大半は、
マンション住民とのコミュニケーションン不足です。

・最低でも週1回は施工側と管理組合側で打ち合わせを行う
大規模修繕の際は、出来れば1週間に1度は
施工側と管理組合側で打ち合わせを行い、
意思疎通を行っておく事が大事となります。
関係者各位のコミュニケーション不足により、
マンション住民から工事中止を申し入れられ
逆にトラブルになってしまったパターンもあるようです。

・暑い時期に外部工事を行わないようにする
暑い時期は窓を開けたりエアコンを付けるので、
それらに関わる工事は絶対に行ってはいけません。
暑い時期を避けて外部工事を行うようにし、
辛い我慢を強いる事は避けるように予め計画しましょう。

マンションの大規模修繕は、マンションを良くする為に行う工事です。
嫌な思いをする為の工事ではありません。
施工側とマンション住民側も嫌な思いをしないよう、
出来るだけ考慮をした工事とするようにしなければいけません。
そのクッションになるのが管理組合です。
施工側としっかりと打ち合わせし、意思の疎通をしっかりとって
トラブルを回避していきましょう。