大規模修繕の際に把握してほしい専用部分と共用部分


分譲マンションの場合は各戸を購入しているので、専用部分と共用部分に分けられます。
大規模修繕の場合は、専用部分と共用部分の分け方をきちんと把握しておかなければいけません。
実は、マンション購入の際に専有部分と共用部分の説明について売主は行ってくれません。
その為、後に起こる大規模修繕の際に不明解になってしまう方は少なくありません。
共用部分と専有部分を把握していなければ、大規模修繕の計画が上手くいかなくなってしまいます。
共有部分と専有部分の違いは、下記の通りとなります。

・共有部分
共有部分は、マンションの入居者全員の持ち物とみなされるスペースです。
自分の住居部分以外が共有部分というと、解りやすいと思います。
エントランス、エレベーター、廊下、管理組合事務所、宅配ボックス、
防災センター、駐車スペース、各戸のバルコニーも共用部分となります。
皆で使うスペースが、共有部分となります。
また、個人で使っている部分でも共有部分になってしまう事もありますので、
きちんと把握する事が大事となります。

・専有部分
専有部分とは、各戸の所有者の持ち部分を指します。
個人で使う居住スペースを指すのですが、中には共有部分に該当する部分もあります。

この中でそのマンションにより判断が変わってしまう、グレーゾーンがあります。
それは、これらが挙げられます。

・バルコニー
・専用庭
・専用駐車場
・トランクルーム
・集合ポストの中の個人の郵便受け

これらの部分は、マンションによっては共有部分になったり
専有部分になったりと変わる事があります。