大規模修繕の際に目を向けてほしい屋上の修繕


マンション等の大規模修繕の場合は、
目に見える部分ばかり大規模修繕を計画してしまいがちです。
建物が古くなればなるほど1番に目を向けなくてはいけない部分があります。
それは、屋上です。
私も最初はそうでした。
外観が真っ先に気になってしまうのは仕方のないことですよね。

屋上と言えば屋上防水を1番に思いつくと思いますが、
屋上には屋上防水以外にも大規模修繕を検討しなければいけない部位が多々あります。
どのような部位があるのでしょうか。

・屋上防水
防水は10~15年程度で劣化してしまうので、
そのタイミングに大規模修繕を行わなければいけません。
軽微な劣化なら部分修繕でも良いですが、
ある程度の劣化が見受けられる場合は全面改修となります。
マンションに住んでいる方への影響を考え、
屋上防水の全面修繕の場合はかぶせ工法にて防水工事を行う事をオススメします。
また、屋上に上がり点検をした際は、屋上やドレン等の
清掃を行うようにすると防水層の長持ちに繋げる事が出来ま

・屋上笠木
屋上の笠木に不具合があると、笠木周りから漏水してしまい雨漏りに繋げてしまいます。
屋上に上がった際に点検をし、隙間や劣化等の不具合がある場合は補修を行います。
著しく劣化している場合は、全面取り換えを行うようにしましょう。

屋上と聞いて、私がすぐに思いつくのはこの2つでしたが、
屋上に登ってみると、他にもたくさんの設備がありす。
次回ご紹介します。