大規模修繕の際に盲点になってしまうベランダの補修


大規模修繕は外装や内装にばかり目が入ってしまいますが、
検討してほしい部分の中にベランダがあります。
マンションのベランダは紫外線等の外的刺激を受けやすい部分であり、
劣化しやすい場所でもあります。
ベランダが劣化すると建物の大きな影響を与えてしまいますので、
快適なな状態をキープしておく必要があります。
ベランダの劣化しやすい部位と補修方法を、まとめてみました。

・ベランダ床
ベランダの床は防水施工されておりますが、
紫外線が当たりやすい分劣化がしやすい場所です。
ベランダの床は平米数が狭いので、少しでも不具合がある場合は
全面やり直しをオススメします。
部分的な補修の方が安価に思えがちですが、
部分的に補修をしても後に他の部分の劣化が出てくることは
目に見えているので、1度に全面やり直しを行う事がベストなのです。
また、ドレンの詰まりはベランダにオーバーフローを起こしてしまうので危険です。
ドレンの埋まりを解消し、防水層に余計な負担を与えないようにしましょう。

・床防水と外壁との取り合いの防水処置
床の防水と外壁との取り合いは、金物のアングルやコーキング等で納めております。
これらに不具合が起きると、その部分から雨漏りへと発展させてしまいます。
アングルの部分的な不具合の場合は、補修程度で納める事も可能です。
コーキングの不具合は、全面的に打ち直しを行う事をオススメします。

・ベランダの手すり
ベランダの手すりは鋼製の場合が多く、根元等の弱い部分から腐食してしまう要素があります。
塗膜が剥がれている場合は、全面塗り直しを行いましょう。
手すりに錆が出ている場合は、サンダー等で綺麗にしてから防錆塗料を塗布した後塗装工事を行います。
手すり事態に腐食等の劣化が起きている場合、軽度な場合は溶接等により補修が可能です。
著しく劣化している場合は、手すり自体を全面的に取り替えましょう。

・物干し金具
天井からぶら下がっている物干し金具は、天井と金具との
取り合いに不具合があると落下してしまい危険です。
天井と金具の取合い部分を検査して、良くない場合は補修を行います。

このように、ベランダだけでも行わなければいけない補修工事が沢山あります。
ベランダは共用部分に該当しているマンションが殆どですので、
大規模修繕の際に工事を行ってもらわなければいけません。
ベランダは避難経路としても使用する場所ですので、
ベランダの状態が悪ければ避難の際にも大きな影響を与えてしまいます。
そんな厄介な事にならないよう、ベランダの大規模修繕も
検討して快適なマンションへと導きましょう。