大規模修繕の際の目地コーキングの打ち直し工程


大規模修繕の際の目地コーキングの打ち直しは、以下の通りの工程です。
一つ一つかみ砕いでみると、よくわかりますね。

① 既存コーキング撤去
既存のコーキングを、カッターやペンチなどを用いて残さず綺麗に撤去します。
いかにきれいに取り除くかにより、新規のコーキングの寿命に大きな差を作ります。

② コーキング溝清掃
刷毛等を用いて、コーキングの溝を綺麗に清掃します。
汚れが残っているとコーキング材料と密着しないので、綺麗に取り除きます。
大規模修繕の場合は、溝にほこりなどが付着しやすいので、特に丁寧に清掃を行います。

③ ボンドブレーカー有無の確認及び補修
コーキングの鉄則は、2面接着です。
目地底にボンドブレーカーを入れる事で、3面接着を防ぐ事が出来ます。
既存コーキング撤去の際に、ボンドブレーカーを取り除いてしまう事があります。
綺麗に清掃をした後ボンドブレーカーの有無を点検し、
無い場合はボンドブレーカーを充填しましょう。
ボンドブレーカーはマスキングテープのような物であり、安価な材料です。

④ マスキングテープ貼り付け
マスキングテープを、コーキング溝に合わせて貼り付けます。
新築じゃないという理由から、マスキングテープを使わずに乱雑に
コーキング充填を行おうとする業者も居ますので、注意しなければいけません。

⑤ プライマー塗布
刷毛を用いて、目地底にまんべんなくプライマーを塗布します。
指定のオープンタイム以上経過した後、コーキング充填へと進みます。
プライマー塗布も、何故か削除してしまう業者が居ますので気を付けましょう。

⑥ コーキング充填
変性シリコンやポリサルファイド系等、外壁の素材に適したコーキング材を用いて充填します。
この際、コーキング上に塗装を施さない無塗装のコーキングを採用する際、
外壁の色や目地と合ったコーキングの色を採用しなければいけません。
しかし、大規模修繕などの改修工事の際は、何故か色が合っていないコーキングを使う業者が居ます。
外壁や目地と色を合わせないとコーキングだけが外壁の中で線を引っ張ったように
目立ってしまいますので、コーキングの色の問題は施工前に必ず打ち合わせをするようにしましょう。

⑦ ヘラ抑え
専用のヘラを使って、綺麗に抑えて仕上げます。

⑧ マスキングテープ撤去
マスキングテープを全て撤去し、コーキング工事の完成となります。

実際に自分が工事をする側ではないので調べてみて良くわかりました。
工事は思っているよりも細かな工程に分かれていることがわかりました。