大規模修繕工事の重要項目コーキング工事とは


マンションの外壁をよく見ると、様々な材料で構成されている事が解ります。
外部の様々な材料同士のジョイント部分に施工されているのが、コーキングです。
コーキングは耐久性に乏しく、紫外線等の外的刺激の影響により劣化してしまう性質があります。
コーキングは、油分が抜けてコーキング自体が硬化してしまい、
伸縮の動きについていけなくなりヒビや隙間を作ってしまいます。
早い場合は5年ほど、長くても10年ほどの寿命であり、
大規模修繕を行う際のタイミングと合います。

コーキングの寿命を放っておくと、コーキング目地から
雨水等が浸入してしまい雨漏りへとつなげてしまいます。
コーキングの補修は、建物を長持ちさせる為の必須項目です。
建物を劣化させないよう、大規模修繕の際は必ずコーキングの打ち直しを行うようにしましょう。

コーキングの大規模修繕は、打ち直しを行います。
コーキングのメンテナンスには2つの方法があり、打ち増しと打ち直しがあります。
打ち増しは既存のコーキングを撤去せず、その上から新規のコーキングを足して充填する方法です。
コーキングのメンテナンスは打ち増しで充分という業者が居ますが、これは間違っているようです。
古いコーキングは素材自体が劣化しているので、新しいコーキングと全く馴染まないとのことです。
私のような素人だと打ち増しと打ち直しの違いが初めはわかっていなくて沢山調べてしまいました。
コーキングは、必ず打ち直しを行うようにしましょう。
打ち増しで充分という業者には、大規模修繕をお任せする事は出来ません!