大規模修繕時のバリアフリー化で快適な建物を作ろう


大規模修繕の際に、取り入れてほしいのが建物のバリアフリー化です。
分譲マンションを買ったお客様は年々年齢層が高くなっていくので、
バリアフリー化は必要項目となります。
新築の時にはある程度しか採用できなかったバリアフリーも、
大規模修繕時に工事を行う事でより一層快適な建物とする事が出来ます。
バリアフリーとは、ただの段差解消だけではありません。
年齢を増しても快適に使う事が出来る空間を作るアイテムや
環境と言った方が、解りやすいのかもしれません。
大規模修繕時にバリアフリー化してもらいたいポイントを、まとめてみました。

・エントランス部分のバリアフリー化
エントランスの床は、雨仕舞の為に段差を設けているのが大半です。
床の段差を改善する事で、年齢が上の方でも大敵に過ごせる
エントランスになる事が出来ます。

・スロープを作る
エントランス前のポーチなどの段差を、スロープで解消させる事が出来ます。
車椅子でも使えるよう、幅の広い車椅子用のスロープがオススメです。
スペース的に無理な場合は、歩行用スロープでも十分です。
床は滑りやすい素材で仕上げ、熱伝導率が低い素材の手すりを採用しましょう。

・エントランスの照明を明るくする
エントランスが暗いと、目が効かなく解り辛くなってしまいます。
LEDにして更に照度を上げると電気代が高くならないので、
蛍光灯の照度を上げる事をオススメします。

・各所に手すりを付ける
手すりは意外と重宝し、年齢を増した方の動きの手助けをしてくれます。
エントランス近郊、エレベーター前、非常階段、廊下、トイレ、
洗面所、浴室等、要所ごとに手すり付けるととても便利です。

・共用部分の滑らない床
床が滑ると、歩きにくく怪我を引き起こしてしまう事があります。
年齢を増した方だけではなく若い方もペットも、滑りにくく
歩きにくい床では足を痛めてしまいます。
エントランスや階段、廊下などの共用部分は、
滑りにくい素材の床に修繕しましょう。
また、建物内部だけではなく、エントランス前のポーチ等に
手すりを設ける事も非常に便利で重宝します。

・ドアのストッパー
玄関ドアにストッパーが無いと、手を放した際にドアが閉まってしまのでとても不便です。
若い方でも大荷物を持っている際にストッパーが効かなければ、とても不便です。

・レバーハンドル化
レバーハンドルにする事で、とても使い勝手が良くなります。
水栓金具のレバーハンドルや木製建具のレバーハンドル化等、
ひねるハンドルはレバーハンドルにする事でとても快適で使いやすくなります。

贅沢だと思えるバリアフリー化の条件もありますが、
実は全て生活していく上で必要な物となります。
採用出来るのであれば採用を検討し、年齢を増しても
使いやすい建物維持に導きましょう。
建物の老朽化に対する修繕の次に、対応してもらいたい項目です。