屋上防水の施工業者決定!


修繕委員での会合も、Aさんのおかげでスムーズに進むようになってきました。
また、全員が”自分の事”として捉えられるようになっていました。

管理組合の会合でも、
基本ラインとして
「太陽光発電などの+αの設備はいらない、今現在必要な補修で」
「屋上防水、鉄部塗装(廊下・階段・扉など)廊下シート張替え」
ということは決まっていました。

あとは、
A社1800万円、B社1700万円のどちらに頼むかということです。
工期はいずれも、
「屋上防水(ウレタン防水)、鉄部塗装(廊下・階段・扉など)廊下シート張替え」
のトータルで3か月です。

管理委員会にまずこの2社の見積金額と工事内容について提案です。
私はこの2社について、仕事柄ある程度知っていましたので
どちらに決まっても大丈夫と確信していました。

管理委員会からの質問に対しての回答は私が担当しました。
それぞれの会社の実績(民間工事・公共工事ともに)を説明することができましたので、
この役目は、Aさんにお願いをして担当させて頂きました。
もちろん、私自身の主観はナシです。

様々な角度からの質問が出ましたが、
いずれもA社・B社が手がけてきた仕事の実績に関しての事でした。
A社・B社とも、市内での実績が多数あり、いずれも問題がないためか
双方互角に売り上げを伸ばしてきている会社です。
やはり、地元に根付いて、地道に業績を伸ばしてきている会社ほど心強いものはないでしょう。

お蔭様で?粗方承認を得ることができ、B社の1700万円で決定の運びとなりました。