建物調査診断項目【コーキング】【バルコニー】【外構】


引き続き、建物調査診断項目についてです。
今回は、素人目にはちょっとわかりにくい部分ですので、
しっかり見ていただきたい部分ですね。

・コーキング
外壁、サッシ廻り、タイル打継目地等のコーキングの痩せ、
剥がれ等の劣化状態を目視等で的確に把握します。
コーキングの欠損は建物に雨漏りを起こしてしまいますので、非常に重要な部位です。
コーキングの寿命は5~10年ほどですので、
その程度の築年数の場合は寿命の場合が殆どです。
部分的に劣化しているように見えても、
全ての部位において似たような状態になってしまうのは目に見えています。
その為、不具合を感じたら全面打ち直しをする事をオススメします。
間違っても打ち増しを行わず、既存のコーキングを
全て撤去して新規のコーキングを打設する事が基本となります。

・バルコニー
バルコニーの殆どが南向きですので、太陽の紫外線等の
外的刺激によりバルコニーは劣化しやすい部位です。
床防水の状態、壁や天井の塗装の状態を目視等で確認し、
不具合がある場合は補修となります。
バルコニーは建物にくっついているので、
バルコニーに不具合があると建物が雨漏りを引き起こしてしまう事があります。

・外構
駐車場舗装、フェンス、ゲート、ゴミ置き場等を目視や触診で調査を行います。
外部であり紫外線等の外的刺激にさらされやすいので、
大規模修繕時期の際はある程度の劣化が考えられます。
特に舗装は凹凸が起きていると事故を起こす可能性がありますので、
あまりにも酷い場合は下地からやり直しをしなければいけない恐れもあります。
フェンスやゲートも、腐食してしまうと倒壊等により
事故を起こしてしまう恐れがありますので、危険です。

判りにくい所だからこそしっかり見ていただきたい3つの項目でした。