意外と解りにくい共用部分と専有部分について

意外と解りにくい共用部分と専有部分について、以下に挙げてみました。

・各戸の玄関ドア
各戸の玄関ドアは、外側は共用部分、内側は専有部分となります。
その為、玄関ドアの内側はどんな装飾を行っても個人の自由ですが、
外側には勝手な装飾は許されません。

・窓ガラス
窓ガラスは共用部分になる事が多く、勝手にグレードアップしてはいけません。
フィルムなどを勝手に張る事も、出来ません。
内窓が付いている場合は、内窓は専有部分になる事が大半です。

・戸別毎の界壁
戸別毎の壁(界壁と言います)は、共用部分に該当します。
自分が買った住まいの中の間仕切りは、専有部分となります。
お隣との境界の壁のみ、共用部分になります。
その為、勝手に界壁に穴を開けたり壁下地を修繕する等は、絶対に行ってはいけません。

・バルコニー
各戸の居間から直接出られるスペースですが、共用部分となります。
元々避難の為に必要なスペースであり、各戸で自由に使って良いスペースではありません。
お洗濯ものを干したり等の一時的な使用なら問題ありませんが、
植木鉢等の物を置きっぱなしにする事は本来してはいけないのです。

・水道や電気の配管等
水道や電気の配線や配管等は、ご自宅のスペースのみが専有部分となり、
それ以外は共有部分の該当となります。
1つの物であっても、位置により該当が変わってしまうのです。

何気なく自分の物だと思っている部分でも、実は自分の物
ではなかったと思う場所もあると思います。
万が一自分で改修工事をしたくても、共有部分は勝手に行う事が出来ないのです。
専有部分と共有部分との違いを把握し、使い分けるようにしましょう。