10年目前後に起きてしまうよくある不具合

10年目前後に起きてしまうよくある不具合は、これらがあります。

・コンクリート外壁のヒビ
・屋上防水のヒビなどの劣化
・鋼製の手すりにサビ
・非常階段に錆び
・排水能力が乏しくなってきた
・給湯器や便器などの備品関係に衰えがきた
・駐車場の舗装部分の不具合

等、10年を境目に様々な劣化がどんどん出てくる傾向があります。

もちろん、劣化してしまう度合いは建物により様々です。
同じ築年数であっても、立地条件や住民の使い方により劣化度合いは大きく変わります。

何年たったから大規模修繕しないといけないのはおかしい、
と思う方は沢山いらっしゃると思います。
建物の状態に合わせたタイミングに大規模修繕を行わなければいけないので、
年数のタイミングは関係ありません。
10~15年目が大規模改修のベストタイミングと言われているのは、
その時期に劣化が出てくるタイミングが多いという事の影響により言われる数字です。

適切な調査により管理組合より大規模修繕の提案をされた場合は、
速やかに受け入れるようにしましょう。
建物は、ベストのタイミングで修繕を行わなければ、そこからどんどん
サイクルがくるってしまい建物にも大きな影響を与えてしまいます。
過ぎてしまったタイミング毎に大規模修繕を行っても、全て万全な
修繕にならずに劣化が止まらない場合も少なくありません。
何の修繕を行っても雨漏りをしてしまう建物は、大規模修繕の
タイミングを完全に逃してしまった場合が大半です。
ベストのタイミングで大規模修繕を行う事に1番の意味があり、良い建物を維持できるのです。