20年目以上のマンションの大規模修繕のポイント

20年以上経っているマンションは、
人間でいうと成人した建物となります。
この段階では、強固な躯体作りや
建物内部の劣化への対応がとても大事となってくるでしょう。
どのような修繕ポイントが必要なのかを、考えてみました。

・マンションの躯体状態に目を向ける
マンションの躯体に劣化が生じ始めてくるタイミングですので、
躯体の診断を細かく行い補修する事が大事となります。
時間をかけて細かく診断をし、補修が必要な部分は
全て補修をし万全な状態にする事が理想です。

・マンション住民の年齢状態に合わせた改修工事が必要
築20年も経つと、マンション住民の方々も年齢を増した状態となります。
バリアフリーにも目を向け、手すりの取り付けや
自動ドア、スロープの設置等も視野に入れたいですね。
これらのポイントは、マンション住民の方の
意見も良く聞いて管理組合での話し合いが必要です。

・エレベーターの改修も視野に入れよう
マンションのエレベーターは、20年も使っていると老朽化してしまいます。
エレベーターの細かい点検をし、老朽化しているようでしたら
取り換えも視野にいれましょう。
私のマンションでは、一部制御装置のみ交換という案も出てきています。
傷み具合によってどの程度の工事になるか、
見積もりを出してもらうとよいでしょう。

・外観の綺麗さ
古くなってきたマンションだからこそ、外観の綺麗さは大事となります。
築年数相当の外観にするのではなく、外観だけでも
綺麗に見せるようにするとマンションがとても映えます。
外壁の寿命を高めるためにも、しっかりとした外観の
補修を行うようにしなければいけません。
最低でも塗装工事は行うようにし、強くて綺麗な外観を作りましょう。
綺麗な外観のマンションには、若い世代の人も入ってきて
マンション全体の活性化にも繋がりますね。

・内装の改修
築20年以上も経つと、内装の劣化が激しくなってしまいます。
内装の劣化が激しくなってしまうと、
マンションの寿命が一気に下がってしまいます。
マンションの場合、内装工事は積立費用からの捻出とはならず
個々の費用の負担となりますが、
50年100年と住み続ける事が出来るように、
内装工事も行うようにしなければいけません。
とはいえ、個人で費用を負担するので、
すぐにはできないかもしれませんが、
酷く劣化してしまう前に考えておきましょう。

・IT化
現代はIT化の時代ですので、光ファイバーやBSやCSの配線など、
便利を取り入れる事も考えてみましょう。
私のマンションでは建築当時に有線を引いており、
各部屋で聞くことができますが、
今の時代音楽はスマホや携帯プレイヤーで聞けるので
必要性が無くなってきています。
そのため、近い将来に有線放送は解約になりそうです。
その時代に合った状況にしていくことが大切ですね。

このように、20年以降のマンションの大規模修繕は、
初期の大規模の際に目を向けない部分にも
しっかり目を向けて工事を行わなくてはいけません。
必要な部分をしっかりチェックし、
ぬかりなく修繕を行っていきましょう。
費用が膨大になってしまった場合は、
項目に分けて優先順位を決めましょう。

・すぐ実施したほうが良い工事
・様子を見ても問題ない工事
・付加価値の為の工事

この中で、すぐ実施をしたほうが良い工事を優先に行うようにし、
予算が合わない場合は付加価値的な工事は後回しにするように
管理組合で話し合いましょう。